【中絶手術の費用について】
中絶手術にかかる費用は、一般的に初期(12週未満)の場合10~15万円、中期(12~21週)の場合15~30万円といわれています。 手術を受けるクリニックや状態によってはこの限りではないため、正確な費用は各クリニックに問い合わせてみてください。
【中期中絶について】
妊娠12週以上の中期中絶の場合、痛みや出血などのリスクが高く、入院期間も長くなります。
また、役所への死産届の提出が必要となります。

中期中絶が可能な東京近郊の産婦人科を調査 » 東京で中絶手術ができる産婦人科を調査 » 大岡山ウィメンズクリニック

大岡山ウィメンズクリニック

大岡山ウィメンズクリニックの特徴

経験豊富な院長による初期中絶手術

数多くの大学病院や総合病院での勤務経験を持ち、長年産婦人科に携わってきた大石院長が中絶手術を行います。

確かな技術と経験を持って、患者さんの不安をできる限り少なくする手術を心がけています。

大岡山ウィメンズクリニックの中絶手術は、妊娠12週未満の初期中絶を対象としていますが、12週以上経ってしまった中期中絶の相談も受け付けています。

「もう12週を過ぎてしまったからダメかもしれない…。」と諦めかけている方も、ぜひ一度相談してください。

また、中絶手術だけでなく、その他の婦人病についての知識も豊富で、子宮筋腫や卵巣腫瘍などの婦人科手術にも対応しているので、何か気になることがあれば相談してください。

安心の日帰り手術

大岡山ウィメンズクリニックの中絶手術は日帰り手術なので、その日のうちに家に帰ることができます。

手術を行う時間は午前と午後から選べますが、いずれにしても日帰りで終わるので、仕事が忙しい人でも手術を受けやすくなっています。

手術が早く終わるほど患者さんへの負担も少なくなり、精神的な回復も早くなります。

また、東急大井町線と東急目黒線「大岡山」駅から徒歩2分というアクセスの良い立地にあるため、病院に通いやすいというメリットがあります。

医療連携による手厚い対応

大岡山ウィメンズクリニックでは、東京都内にある8つの病院・診療所と医療連携をしています。

一つの病院では治療できる症状や病気に限界がありますが、医療連携をすることで、それ以上の様々な症状や病気に対応する治療や手術を行うことができます。

例えば、医療連携している大田区池上の松井病院では、開腹手術、腹膣鏡下手術、子宮脱手術など各手術を大石院長自らが執刀しています。

連携している病院の中には、大石院長の同級生が勤務している病院もあり、信頼関係のもとより良い医療の提供を目指しています。

大岡山ウィメンズクリニックの中絶に関する情報

診療時間 月・火・水・金9:30~13:00/15:00~19:00
水9:30~13:00
土9:30~14:00
対応週 妊娠12週未満
支払方法 記載なし
アフターピルの処方 記載なし

クリニック情報

所在地 東京都大田区北千束3丁目23-5万栄ビル2F
アクセス 東急大井町線と東急目黒線「大岡山」駅から徒歩2分
電話番号 03-5754-2814

中期中絶に対応
土日に相談ができる産婦人科3院

新宿レディースクリニック

中絶可能週14週目まで
診療時間 土曜:9:30~19:00
日曜:9:30~19:00
アクセス 新宿駅
電話番号 03-3340-1971

聖マリアクリニック

中絶可能週21週目まで
診療時間土曜:10:00~19:00
日曜:9:00~12:00
アクセス 横浜駅、東戸塚駅、他
電話番号 045-828-4892

たて山レディスクリニック

中絶可能週18週前後まで
診療時間 土曜:10:00~13:00
日曜:10:00~13:00
アクセス 青山一丁目駅
電話番号 03-3408-5526