【中絶手術の費用について】
中絶手術にかかる費用は、一般的に初期(12週未満)の場合10~15万円、中期(12~21週)の場合15~30万円といわれています。 手術を受けるクリニックや状態によってはこの限りではないため、正確な費用は各クリニックに問い合わせてみてください。
【中期中絶について】
妊娠12週以上の中期中絶の場合、痛みや出血などのリスクが高く、入院期間も長くなります。
また、役所への死産届の提出が必要となります。

中期中絶が可能な東京近郊の産婦人科を調査 » 人工中絶手術についてのQ&A » 痛みのある手術なのか

痛みのある手術なのか

中絶手術は無痛でできます!と、大々的に広告している病院があります。本当のところはどうなのでしょうか?
早速、調べたことをまとめてみました。

中絶手術は痛いものなの?

まずは結論から。どこの病院で手術を行っても一般的には無痛です。そのため、痛みにおいてはどこの病院でも大差はないので心配する必要はありませんね。

そして、中絶手術の麻酔は正確にいうと全身麻酔ではありません。通常は産婦人科の先生が静脈麻酔という方法で行っています。

静脈麻酔を無痛麻酔と称しているクリニックもありますが、そもそもが麻酔を使用するため全て無痛なので、「無痛です」とうたっていない病院だからといって心配する必要はありません。

全国的によく使われるのは、チオペンタールという静脈麻酔薬です。全身麻酔の時はまず患者さんを眠らせるのに使います。

注射による睡眠薬で作用時間がすごく短い薬と思って下さい。患者を眠らせる作用はありますが、鎮痛作用はありません。深い眠りですので痛みはまず感じません。

呼吸は自発的にできますので喉に管は入れません。手術後は比較的早く目が覚めますが、約2~4時間は頭が重くボーッとした感じが残ることがあります。

妊娠12週を超えると…

妊娠12週目以降の手術は「中期中絶」と呼ばれ、一般的には2~4泊の入院が必要となります(最近では日帰りできるクリニックもあります)。

12週目以降は薬で陣痛をおこして分娩形式で中絶を行うため、痛みが伴ないます。

子宮頸管を広げる前処置などには麻酔は使用しませんので(手術前日などに、子宮の入り口へ入れておく)人によっては痛みを感じる場合もあります。

12週を超えた中絶には死産届を提出する等の義務も生じますので、できるだけ12週前に決断しましょう。

東京近郊の産婦人科を調査しています

当サイトでは、東京近郊の産婦人科を調査。中期中絶・土日対応の産婦人科は3院のみでした。

こちらでは、その3院を紹介していますので、産婦人科選びの参考にしてみてくださいね。

中期中絶対応で
土日に相談できる
東京近郊の産婦人科を調査

中期中絶に対応
土日に相談ができる産婦人科3院

新宿レディースクリニック

中絶可能週14週目まで
診療時間 土曜:9:30~19:00
日曜:9:30~19:00
アクセス 新宿駅
電話番号 03-3340-1971

聖マリアクリニック

中絶可能週21週目まで
診療時間土曜:10:00~19:00
日曜:9:00~12:00
アクセス 横浜駅、東戸塚駅、他
電話番号 045-828-4892

たて山レディスクリニック

中絶可能週18週前後まで
診療時間 土曜:10:00~13:00
日曜:10:00~13:00
アクセス 青山一丁目駅
電話番号 03-3408-5526