【中絶手術の費用について】
中絶手術にかかる費用は、一般的に初期(12週未満)の場合10~15万円、中期(12~21週)の場合15~30万円といわれています。 手術を受けるクリニックや状態によってはこの限りではないため、正確な費用は各クリニックに問い合わせてみてください。
【中期中絶について】
妊娠12週以上の中期中絶の場合、痛みや出血などのリスクが高く、入院期間も長くなります。
また、役所への死産届の提出が必要となります。

中期中絶が可能な東京近郊の産婦人科を調査 » 人工中絶手術についてのQ&A » 可能な時期と方法は

可能な時期と方法は

中絶可能な週数は?

一般的に、中絶手術を行える時期というのは、妊娠6~8週間といわれています。また遅くても妊娠12週程度までが限界といわれています。

その理由は、胎児が妊娠12週以降になると大きくなり、分娩と近いかたちでの中絶方法になってしまうからです。

また、12週目以降(もしくは胎児の体重が500g以上)の中絶は死産としての扱いとなり、妊婦が死産届を提出する必要が出てきます。

母体保護法では妊娠21週6日までは中絶を行えますが、12週以前に行われることがほとんどで、12週目以降の中絶手術を行う病院はあまりありません。

逆に6週以前では子宮口が開きにくいので手術を行い難く、子宮も小さい状態なので内容物の残存確認が難しいため、6週を超えるまで待つ場合もあります。

中絶手術の方法について

中絶には薬で行うものと、手術で行うものがあります。

まずは、薬品を使って中絶する方法についてですが、妊娠状態を維持するのに必要なプロゲステロンというホルモンの作用を強制的に止める薬品を使います。

そうすることで流産を引き起こさせます。使用可能な時期としては妊娠後49日以内で、子宮外妊娠やその他の場合は利用できません。

手術による方法は、妊娠初期(12週以前)と中期(12週以降)で異なります。

妊娠初期の中絶の場合、手術前に子宮の入り口を広げ、全身麻酔をかけた上で子宮内から掻き出し、吸引器などで残ったものを吸い取ります。

所要時間としては5~15分程度で、手術後は2、3日の安静と薬の摂取が必要で、とくに入院などは必要ありません。

妊娠中期の場合、分娩に近い方法をとることになります。そのため母体への負担は通常の出産と同じ位になります。

初期と同様の方法で子宮口を広げ、製剤などの投与によって人工的、強制的に陣痛を誘発させて取り出し、その後子宮内容物除去術を行います。

時間は出産と同じくらいかかる上、3~5日間入院をすることになり、1週間以上安静が必要です。

以下に手術の方法を記載しましたので、ご参考程度にご確認頂けましたら幸いです。

掻爬
(掻き出し)
子宮口をヘガールという器具で開け胎盤鉗子で胎児と付属物を取り除く。
最後にキュレットというおさじのようなもので子宮内膜を掻き出します。
所要時間は10分~20分。
吸引法
(吸い出し)
細い棒の形をした吸引キュレットと言う掃除機のような器具を子宮に入れます。
その後、内容物(胎児とその付属物・子宮内膜)を吸い出します。
ラミナリア 子宮の入り口にラミナリアという海藻の茎を挿入し(水分を含むと膨らんでいく)子宮口を広げて手術流産を行います。
一晩ラミナリアを入れておく必要があるので、前日から入れておくか、数日の入院が必要となる場合があります。
プロスタ
グランディン
プロスタグランディンという膣座薬を何度か膣の中に入れ陣痛を起こさせて人工的に流産させます。
流産の後処理としてラミナリアを使用して子宮の内容物(胎児とその付属物・子宮内膜)を掻き出します。
但しこの薬は中期以降の手術以外は使用できません。
取り扱いも厳重で、母体保護法指定医の許可のもとだけの使用となります。
東京近郊の産婦人科を調査しています

当サイトでは、東京近郊の産婦人科を調査。中期中絶・土日対応の産婦人科は3院のみでした。

こちらでは、その3院を紹介していますので、産婦人科選びの参考にしてみてくださいね。

中期中絶対応で
土日に相談できる
東京近郊の産婦人科を調査

同意書について

母体保護法で中絶を受けるには当事者の意思証明でもある同意書の提出が義務付けられています。

妊娠中絶同意書には自分と相手の男性の署名、捺印と連絡先を記入。未成年の場合は保護者の同意が必要になります。

しかし、現実的には何らかの複雑な理由でサインがもらえない方も少なくありません。

母体保護法第3章14条第2項に「配偶者が知れないとき若しくはその意思を表示することができないとき又は妊娠後に配偶者がなくなったときには本人の同意だけで足りる」とあります。

つまり本人だけの同意でも人工妊娠中絶を行うことも可能です。詳細については担当の医師にしっかりと相談しましょう。

中期中絶に対応
土日に相談ができる産婦人科3院

新宿レディースクリニック

中絶可能週14週目まで
診療時間 土曜:9:30~19:00
日曜:9:30~19:00
アクセス 新宿駅
電話番号 03-3340-1971

聖マリアクリニック

中絶可能週21週目まで
診療時間土曜:10:00~19:00
日曜:9:00~12:00
アクセス 横浜駅、東戸塚駅、他
電話番号 045-828-4892

たて山レディスクリニック

中絶可能週18週前後まで
診療時間 土曜:10:00~13:00
日曜:10:00~13:00
アクセス 青山一丁目駅
電話番号 03-3408-5526