【中絶手術の費用について】
中絶手術にかかる費用は、一般的に初期(12週未満)の場合10~15万円、中期(12~21週)の場合15~30万円といわれています。 手術を受けるクリニックや状態によってはこの限りではないため、正確な費用は各クリニックに問い合わせてみてください。
【中期中絶について】
妊娠12週以上の中期中絶の場合、痛みや出血などのリスクが高く、入院期間も長くなります。
また、役所への死産届の提出が必要となります。

中期中絶が可能な東京近郊の産婦人科を調査 » 横浜で中絶手術ができる産婦人科を調査 » ハマノ産婦人科

ハマノ産婦人科

ハマノ産婦人科の特徴

経験豊かな医師による無痛中絶手術

身体的・社会的な事情により妊娠継続・出産をやむを得ず、断念せざるを得ない状況で、悩まれた上で決断されていると思います。

ハマノ産婦人科では、母体保護法指定医であり、麻酔科の研修も行っている院長による、安全な中絶手術を実施しています。

手術は、母体に異常がないことを確認し、全身麻酔をした上で行うため痛みはありません。

経験豊かな院長により、掻爬法と吸引法を併用したより安全安心な手術を心がけています。

有床診療所に指定されており、手術後にゆっくりとお休みできる病室を用意しています。

中絶手術後の患者様の体には負担がかかっており、麻酔が覚めて体調が回復するまでゆっくりと過ごせる環境を整えています。

オンライン予約で相談がしやすい

中絶手術で悩んでいる方は、なかなか病院に問い合わせができずに一人で考え込んでしまうという人もいると思います。

また、予約がしやすいように、オンライン予約ができるようになっています。電話予約もそうですが、ネット上でササっと予約ができるのは精神的にも楽になります。

予約をしてもらって受ける術前診察では、丁寧に説明をし、患者様に手術の流れをしっかりと理解してもらうことで、手術に対する不安をやわらげてもらっています。

患者様第一に考えて手術を進めるので、なにか不安に感じたり心配に思っていることは、診察時に相談してください。

術後のアフターフォローも充実

術後は、3~4日目と7日目の2回、診察にて子宮内を確認します。

万が一、感染症や合併症などの異常がある場合でも、すぐに対応できるように体制を整えています。

術後に子宮収縮を促す薬を処方しているため、子宮の回復も早く、次の妊娠にも影響がないようにしています。

また、ピルやリングといった避妊法についての相談も受けているため、気軽に相談してみると良いでしょう。

望まない妊娠を繰り返さないことが、術後に最も大切になってきます。

ハマノ産婦人科まとめ

妊娠11週までの初期中絶に対応し、土曜日に診療も可能なハマノ産婦人科。土曜の診察はと少し短い時間となりますので、必ず問い合わせをお願いします。

当サイトでは、東京近郊の産婦人科を調査。実は、中期中絶・土日対応の産婦人科は3院のみでした。

こちらでは、その3院を紹介していますので、産婦人科選びの参考にしてみてくださいね。

中期中絶対応で
土日に相談できる
産婦人科を調査

ハマノ産婦人科の中絶に関する情報

診療時間 月・火・木・金8:30~12:00/15:00~18:00
水:8:30~12:30
土:8:30~12:00
対応週 妊娠11週まで
支払方法 一括払い(現金、クレジットカード)
アフターピルの処方 あり(希望する場合)

クリニック情報

所在地 神奈川県横浜市西区戸部本町24-1
アクセス 京浜急行戸部駅徒歩3分
電話番号 045-323-1131

中期中絶に対応
土日に相談ができる産婦人科3院

新宿レディースクリニック

中絶可能週14週目まで
診療時間 土曜:9:30~19:00
日曜:9:30~19:00
アクセス 新宿駅
電話番号 03-3340-1971

聖マリアクリニック

中絶可能週21週目まで
診療時間土曜:10:00~19:00
日曜:9:00~12:00
アクセス 横浜駅、東戸塚駅、他
電話番号 045-828-4892

たて山レディスクリニック

中絶可能週18週前後まで
診療時間 土曜:10:00~13:00
日曜:10:00~13:00
アクセス 青山一丁目駅
電話番号 03-3408-5526