【中絶手術の費用について】
中絶手術にかかる費用は、一般的に初期(12週未満)の場合10~15万円、中期(12~21週)の場合15~30万円といわれています。 手術を受けるクリニックや状態によってはこの限りではないため、正確な費用は各クリニックに問い合わせてみてください。
【中期中絶について】
妊娠12週以上の中期中絶の場合、痛みや出血などのリスクが高く、入院期間も長くなります。
また、役所への死産届の提出が必要となります。

中期中絶が可能な東京近郊の産婦人科を調査 » 横浜で中絶手術ができる産婦人科を調査 » ワキタ産婦人科

ワキタ産婦人科

ワキタ産婦人科の特徴

1971年に開業の伝統のある産婦人科

ワキタ産婦人科は、1971年に開業した横浜でも伝統のある産婦人科クリニックです。

主に、新しい命を迎え入れる分娩中心のクリニックで、昔から地域の皆様の健康と、妊娠・出産のお役に立つことを考えて診療することをポリシーとしています。

その一方で、超音波などの医療機器等は最新のものを揃え、インテリアはモダンな姿に変え、より患者さんがリラックスして診察を受けられるようにしています。

その中で、分娩のみでなく、産むことができない事情がある場合に、人工妊娠中絶手術を引き受けています。

長年の経験を持って、安全で安心な手術を心がけています。

子宮への負担が少ない吸引手術

今回は、様々な事情で妊娠を続けられなかった方も、次回の妊娠をしたい人も多くいると思います。

そのために、なるべく子宮を傷つけることなく安全に中絶手術を行うことが大切になってきます。

中絶手術の方法はいくつかありますが、ワキタ産婦人科ではMVAキット®を使った吸引手術を行っています。

手術前の詳しい検査で体に異常がないことを確認し、より安全な方法で中絶手術を行います。

また、母体の安全を考えると妊娠12週までのなるべく早い時期に中絶手術をおこなうことを勧めていますが、やむを得ずその時期を過ぎてしまった場合の中期中絶でも相談を受けています。

プライバシー管理のされた広くて清潔な院内

ワキタ産婦人科では、患者様のプライバシーを守るために、診察室はひとつで、他の人に患者様の心配事を聞かれることがないようにしています。

中絶手術は、あまり他人に知られたくないという人も多いと思いますので、徹底したプライバシー管理で相談も安心です。

また、全体的に白を基調とした広くて清潔な院内に保たれているので、落ち着いて手術に臨むことができるでしょう。

院長やスタッフは、産婦人科医として経験が豊富で常に謙虚な姿勢で対応するので、安心して手術を受けることができます。

ワキタ産婦人科の中絶に関する情報

診療時間 月~水、金、土9:00〜12:00(受付11:40まで)/14:00〜17:00(受付16:40まで)
木9:00〜12:00(受付11:40まで)
対応週 妊娠21週6日まで
支払方法 現金、クレジットカード
アフターピルの処方 記載なし

クリニック情報

所在地 神奈川県横浜市青葉区藤が丘2-6-1
アクセス 田園都市線「藤が丘」駅南口から徒歩1分
電話番号 045-973-7081

中期中絶に対応
土日に相談ができる産婦人科3院

新宿レディースクリニック

中絶可能週14週目まで
診療時間 土曜:9:30~19:00
日曜:9:30~19:00
アクセス 新宿駅
電話番号 03-3340-1971

聖マリアクリニック

中絶可能週21週目まで
診療時間土曜:10:00~19:00
日曜:9:00~12:00
アクセス 横浜駅、東戸塚駅、他
電話番号 045-828-4892

たて山レディスクリニック

中絶可能週18週前後まで
診療時間 土曜:10:00~13:00
日曜:10:00~13:00
アクセス 青山一丁目駅
電話番号 03-3408-5526