【中絶手術の費用について】
中絶手術にかかる費用は、一般的に初期(12週未満)の場合10~15万円、中期(12~21週)の場合15~30万円といわれています。 手術を受けるクリニックや状態によってはこの限りではないため、正確な費用は各クリニックに問い合わせてみてください。
【中期中絶について】
妊娠12週以上の中期中絶の場合、痛みや出血などのリスクが高く、入院期間も長くなります。
また、役所への死産届の提出が必要となります。

中期中絶が可能な東京近郊の産婦人科を調査 » 横浜で中絶手術ができる産婦人科を調査 » 横浜レディースクリニック

横浜レディースクリニック

横浜レディースクリニックの特徴

麻酔を使用した無痛中絶手術

横浜レディースクリニックでは、痛みに関する患者様の不安をできるだけ少なくするよう、麻酔を使用した無痛中絶手術を行っています。

患者さんは眠っている間に吸引器を用いた安全な手術を行い、約10分程度で終わります。

手術後は体調が回復するまでゆっくりとリカバリールームで休むことができ、2~3時間で帰宅することができます。

手術を行って、自分が思っているよりも体には負担がかかっているため、当日はできるだけ安静に過ごし、体の回復を早めましょう。

母体保護法の指定医を受けているので、次回の妊娠に影響が出ない安全な手術を実施できるため、安心して相談することができます。

経験豊富な院長による手術

大学卒業後、様々な総合病院や産婦人科にて勤務し、産婦人科医としての経験と技術を積んできました。

患者様の立場に立った心のこもった医療の提供をモットーとし、安全な中絶手術を行うことを心がけています。

中絶手術には不安が付きまとうと思いますので、心配なことは医師だけでなく、看護師やスタッフにも気軽に相談できる雰囲気を作っています。

中絶手術は妊娠9週6日までとなりますが、比較的リーズナブルな値段で手術を受けることができるので、お財布にも優しいです。

望まない妊娠を繰り返さないためのピル外来

望まない妊娠を繰り返し、また中絶手術を受けることがないよう、しっかりと避妊の知識をつけることが大事です。

避妊の一番確実性の高い方法としてピルの服用があり、横浜レディースクリニックではピル外来で低用量ピルやアフターピルなどの処方を行っています。

ピルの服用は避妊だけでなく、女性ホルモンを調整してニキビの治療や貧血を改善したり、卵巣がんや子宮体がんの発症率を下げる効果もあるため、婦人科の悩みを抱えている人にもオススメです。

横浜レディースクリニックまとめ

9週6日目までの初期中絶に対応している横浜レディースクリニック。診療可能日は平日のみとなっています。

当サイトでは、東京近郊の産婦人科を調査。実は、中期中絶・土日対応の産婦人科は3院のみでした。

こちらでは、その3院を紹介していますので、産婦人科選びの参考にしてみてくださいね。

中期中絶対応で
土日に相談できる
産婦人科を調査

横浜レディースクリニックの中絶に関する情報

診療時間 月~金10:00~13:30(受付13:00まで)/ 15:00~18:30(受付18:00まで)
対応週 妊娠9週6日まで
支払方法 記載なし
アフターピルの処方 希望する場合あり

クリニック情報

所在地 横浜市西区南幸2-18-1 TSUTSUI横浜ビル4階
アクセス JR・京急線 横浜駅西口より徒歩9分
相鉄線 横浜駅西口より徒歩6分
電話番号 045-620-2116

中期中絶に対応
土日に相談ができる産婦人科3院

新宿レディースクリニック

中絶可能週14週目まで
診療時間 土曜:9:30~19:00
日曜:9:30~19:00
アクセス 新宿駅
電話番号 03-3340-1971

聖マリアクリニック

中絶可能週21週目まで
診療時間土曜:10:00~19:00
日曜:9:00~12:00
アクセス 横浜駅、東戸塚駅、他
電話番号 045-828-4892

たて山レディスクリニック

中絶可能週18週前後まで
診療時間 土曜:10:00~13:00
日曜:10:00~13:00
アクセス 青山一丁目駅
電話番号 03-3408-5526